女性のシェアハウス

シェアハウスには、男女どちらかのみが入居できるタイプと、男女共同で入居するタイプがあります。もともと家族でも知人でもない男女が、1つ屋根の下で暮らすのは危険と思う女性は、女性専用のシェアハウスを選ぶ道があります。ただし、女性専用のシェアハウスは、実際のところ、なかなか見つかりません。シェアハウスが続々と増えている今、多くなっているのは男女共同のシェアハウスなのです。男女共同のシェアハウスが成り立つワケは、男性用フロアと女性用フロアが分かれている物件が多いため。トイレやバスルームは各階に設置されているなど、リスキーな点は解消されています。

それでも、女性専用のシェアハウスがいいという女性は多いものです。女性専用のシェアハウスには、女性同士だから安全という面と、女性同士だから仲良く暮らせるだろうという期待の面があります。ところが現実には、あまりにも生活形態が異なり、破たんをきたすこともあるのです。もう女性のみのシェアハウスはコリゴリと感じて、男女共同のシェアハウスに移る人もいます。女性なら、誰もが率先して家事をするだろうと思っていたら、誰も掃除をせずに共有スペースが汚部屋だったということも珍しくありません。